Blog&column
ブログ・コラム

玄関の鍵をデジタルロックにするメリットとデメリット

query_builder 2021/11/22
コラム
20
これまでは、シリンダーにキーを差し込んで解錠・施錠するシリンダーキーが一般的でした。
しかし、シリンダーキーはピッキングされる可能性があり、安全性が高いとは言えません。
近年、住宅に防犯性が求められていることからデジタルロックが普及してきました。
そこで今回は、玄関の鍵をデジタルロックにするメリットとデメリットについて解説していきます。

▼玄関の鍵をデジタルロックにするメリット
■解錠・施錠が楽
シリンダーキーは鍵を差し込んでひねる必要があり、鍵が上手く入らず手こずってしまうこともあります。
しかし、カードタイプやリモコンタイプのデジタルロックは、カードをかざしたりリモコンのボタンを押すだけで解錠できます。

■鍵の閉め忘れが防げる
デジタルロックは自動で施錠されるようになっているものが多いので、自分で施錠する必要はありません。
そのため、「急いで家を出て鍵を閉め忘れた」という事態を防ぐことができます。

▼玄関の鍵をデジタルロックにするデメリット
■閉め出される可能性がある
オートロックがデジタルロックのメリットではありますが、それがデメリットになることもあります。
万が一、カードやリモコンを家に忘れて外に出た場合、閉め出されてしまいます。

■電池を交換する必要がある
デジタルロックは電池式のものがほとんどなので、定期的に電池交換が必要です。
電池が切れると解錠・施錠ができなくなるので、不安な人は電池交換のタイミングを知らせてくれるタイプを選ぶのがおすすめです。

▼まとめ
玄関の鍵をデジタルロックにすることで、解錠・施錠が楽になり鍵の閉め忘れを防ぐことができます。
ただ、閉め出される可能性や電池を交換する必要があるので、メリットとデメリットを踏まえて導入を検討しましょう。

NEW

  • 錠前の操作がスムーズでなくなったら鍵屋さんに点検してもらいましょう。

    query_builder 2022/03/08
  • 西中島で鍵の仕事を始めて20年過ぎました。

    query_builder 2021/09/28
  • ブログはじめました。西中島で鍵交換の仕事承ります。西中島ロック・セキュリティ株式会社

    query_builder 2021/09/21
  • マンションの屋外に防犯カメラを設置するメリット

    query_builder 2022/07/01
  • マンションに防犯カメラを取り付ける効果についてご紹介

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE