Blog&column
ブログ・コラム

ドアクローザーの種類についてご紹介

query_builder 2022/02/22
コラム
32
ドアクローザーは、ドアに取り付ける装置のことで、開けられたドアを自動的に閉める機能があります。
では、ドアクローザーにはどういった種類があるのでしょうか?
そこで今回はドアクローザーの種類についてご紹介します。

ドアクローザーの種類
■スタンダード型ドアクローザー
スタンダード型ドアクローザーは、ドアが開く側に装置を取り付けるタイプです。
押して開く外開きなら、ドアクローザーは外側に付きます。内開きなら、内側に付きます。
ドアを閉めたときにドアクローザーから伸びるアームは垂直になるので、製品によっては180度開けられない場合があります。
また、ドアに対して90度の場所に壁があると取り付けが難しいです。

■パラレル型ドアクローザー
ドアが開く方向に対し、内側に装置を取り付けるタイプです。
ドアを閉めるとアームが折りたたまれます。
外開きのドアなら内側に付きます。
日本の玄関ドアのほとんどは外開きなので、パラレル型が使われることが多いです。
スタンダード型と違い、180度ドアを開放できるのでドアの横に壁があっても取り付け可能です。

▼まとめ
今回は、ドアクローザーの種類についてご紹介しました。
基本的にスタンダード型もパラレル型も、左右どちらに開くドアに取り付けることができます。
ドアクローザーはあまり目立たないものですが、ドアの開閉をサポートするために欠かせないものです。
ドアクローザー交換したり、調整する際はぜひ参考にしてくださいね。

NEW

  • 錠前の操作がスムーズでなくなったら鍵屋さんに点検してもらいましょう。

    query_builder 2022/03/08
  • 西中島で鍵の仕事を始めて20年過ぎました。

    query_builder 2021/09/28
  • ブログはじめました。西中島で鍵交換の仕事承ります。西中島ロック・セキュリティ株式会社

    query_builder 2021/09/21
  • マンションの屋外に防犯カメラを設置するメリット

    query_builder 2022/07/01
  • マンションに防犯カメラを取り付ける効果についてご紹介

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE