Blog&column
ブログ・コラム

鍵の解錠と開錠について

query_builder 2023/05/05
コラム
53
解錠と開錠はどちらも同じく「かいじょう」と読み、鍵を開けることを意味します。
しかし、両者の鍵の開け方は全く違い、それぞれメリットやデメリットも異なります。
今回は、鍵の解錠と開錠の違いやメリット・デメリットをご紹介していきます。

▼鍵の解錠とは
一般的に「かいじょう」として使われるのが、こちらの「開錠」です。
「開錠」は、鍵開け用の工具やコンピューターを用いて、鍵を壊さず開ける方法などがあります。
以下のようなメリット・デメリットがありますよ。

■メリット
鍵の解錠のメリットは、やはり鍵を壊さず開けられることです。
鍵を開けた後でも、これまでと同様に鍵を使用できるため、修復費用などがかかりません。

■デメリット
解錠のデメリットは、鍵の種類によって開ける作業に時間がかかることです。
近年は、防犯のため仕組みが複雑で開錠が難しい鍵があります。
安否確認や急を要する場合には向いていません。

▼鍵の開錠とは
「開錠」は、手段を問わず開ける方法を意味し、次のような場合に使われます。

・鍵穴が劣化している
・鍵開けの難易度が高い
・緊急性が求められる場面
以下のようなメリット・デメリットがあります。

■メリット
開錠のメリットは、鍵を短時間で開けられることです。
急を要する安否確認の際や、必要書類が入った開かない金庫などの鍵開けに向いています。

■デメリット
開錠のデメリットは、お金がかかることです。
開錠と合わせて、鍵の取付け費用が必要なので「開錠」に比べて高額になります。

▼まとめ
同じ鍵を開ける「かいじょう」でも、その方法やメリット・デメリットは異なります。
一般的な鍵開けの場合は「解錠」、安否確認など緊急性の高い場合には「開錠」がおすすめです。
鍵を開ける際の状況に合わせて「解錠」と「開錠」を使い分けてみてくださいね。

NEW

  • 錠前の操作がスムーズでなくなったら鍵屋さんに点検してもらいましょう。

    query_builder 2022/03/08
  • 西中島で鍵の仕事を始めて20年過ぎました。

    query_builder 2021/09/28
  • ブログはじめました。西中島で鍵交換の仕事承ります。西中島ロック・セキュリティ株式会社

    query_builder 2021/09/21
  • 鍵の複製はオーナーがしなければならない?

    query_builder 2024/06/03
  • 鍵が抜けない時にやるべきこと

    query_builder 2024/05/05

CATEGORY

ARCHIVE